アルコール検知器用の紙ストローについて

アルコール検知器用の紙ストロー


アルコール検知器(アルコールチェッカー)とは

息を吹きかけて体内に残留しているアルコール濃度をチェックする機器です。
検知器に直接息を吹きかけるタイプと、ストローやマウスピースで息を吹き込むタイプがあります。
吹きかけタイプよりも、ストローやマウスピースタイプの方が測定中に環境の影響を受けにくいメリットがあり、手入れが楽で衛生的に使えます。

ストロー式のアルコール検知器用のイラスト


プラストローの代替品として使えるエコな紙ストロー

ストロー型の検知器で酒気帯びチェックをするなら、是非オススメしたいのが環境に優しい紙ストローです。
都度交換するものだからこそ、環境に優しいエコな素材を選びたいですよね。こちらは環境負荷が少ない紙製なので、脱プラを目指す企業様に人気です。

4種類のサイズをご用意いたしました!

アルコール検知器用 紙ストロー 6x70mm アルコール検知器用 紙ストロー 7x70mm アルコール検知器用 紙ストロー 8x70mm アルコール検知器用 紙ストロー 9x70mm

※対応サイズは機種によって異なります。お使いの検知器のサイズをご確認ください。



事業所でのアルコールチェックが必須に

2022年10月1日から道路交通法が改正され、白ナンバー事業者のアルコール検知器でのチェックが義務化されます。
社用車として5台以上の乗用車を保有しているか、定員11名以上の車輛を1台以上保有している事業所が対象となります。

【2022年10月1日から施行】

  • 運転手に対して運転の前後にアルコール検知器を用いて酒気帯び有無の確認
  • 確認内容の記録を一年間保存し、正常に機能するアルコール検知器を保持する

安全のため、アルコールチェックは必須となります。
プラストローから環境に優しい紙ストローをぜひ使ってみてください。