プラストローと紙ストローの共存について

弊社は紙ストローの販売を行っておりますが、プラストローを全て否定している訳ではございません。

紙ストローでは、今のところアベックストローやカーリーストローのような極端に曲がるタイプのもの、パック牛乳などについている伸縮するタイプのものは製造できません。

曲がるタイプのストロー

紙ストローにも大口径タイプ、ロングタイプ、曲がるタイプ、スプーンタイプなど、様々なタイプの商品が流通し始めてきました。しかし、伸縮タイプなどプラスチックストローにできて紙ストローにはできないタイプもありますので、用途に合わせて正しく分別して頂ければと思っております。

しかし個人的な意見としては、海の家など、特に自然環境に近い場所では、できるだけ紙ストローをご利用頂ければと願っております。

間違って、海に捨てられ、永遠に漂流することになると思うとぞっとします。

可哀そうな亀を再び発見しないように。。。


▼プラストローが鼻に詰まってしまったウミガメ(動画)

海のごみに含まれるプラスチックストローの割合は、1%以下と言われています。
しかし、毎日見かけるストローだからこそ、その内の何割かを紙ストローに変えていくことで、環境への意識を高めて頂ければと思っております。

ワークアップ株式会社の環境イメージ